4/6(土)〜19(金) ドーナツ販売 ‼︎

コンパートメント No.6

6/24(土)~7/5(水)

字幕スーパー版

長編デビュー作「オリ・マキの人生で最も幸せな日」がカンヌ国際映画祭「ある視点」部門の作品賞に輝いたフィンランドの新鋭ユホ・クオスマネンが、同国の作家ロサ・リクソムの小説を基に撮りあげた長編第2作。

1990年代のモスクワ。フィンランドからの留学生ラウラは恋人と一緒に世界最北端駅ムルマンスクのペトログリフ(岩面彫刻)を見に行く予定だったが、恋人に突然断られ1人で出発することに。寝台列車の6号客室に乗り合わせたのはロシア人の炭鉱労働者リョーハで、ラウラは彼の粗野な言動や失礼な態度にうんざりする。しかし長い旅を続ける中で、2人は互いの不器用な優しさや魅力に気づき始める。

2021年・第74回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門に出品され、グランプリを受賞した。

作品情報2021年/フィンランド・ロシア・エストニア・ドイツ合作/2時間/G
監督ユホ・クオスマネン
脚本ユホ・クオスマネン
出演者セイディ・ハーラ、ユーリ・ポリソフ、ディナーラ・ドルカ―ロワ
配給アットエンタテインメント

上映スケジュール

6/246/256/266/276/286/296/30
15:1515:1515:1515:1515:15休館日15:15
7/17/27/37/47/5
12:5512:5512:55
19:20
12:55
19:20
12:55
19:20
よかったらシェアしてね!